安心保障の医療保険を選ぼう

一人暮らし両親からの独立を始めた。その時、両親の有難さが骨身にしみた。そして、保険を残そうと思った。

安心保障の医療保険を選ぼう

一人暮らしで独立を始め、心配なので、保険に入った。

安心保障の医療保険を選ぼう
二十歳の夏、両親からの独立を果たした。幼い時から、一人暮らしが夢だった。誰にも干渉されず、自由気ままに暮らすことが出来る。でも、始まって4日目の朝、両親の有難さがわかった。食事の準備や、洗濯をする事、掃除を始めないと部屋の中は、片付かない。そんなこんなで、両親に何かを残したいと、保険に入った。未来に何が起こるか判らない。だから、確実に残るものを両親にプレゼントしたかった。今の自分に出来る事は、保険に入って、いざという時の為の保障が欲しかった。
いざ、保険に入ろうと思うと、いろいろな保険があった。まず、会社と保険の種類を決めないと、いけない。初めての事なので、友達に聞いてみた。「一人暮らしをして、独立したから、保険に入ろうと思うけど、どの保険がいいかなぃ」と。友達の見解は、ほぼ、同じ。「自分には、わからない。まだ、入った事がないから。」と、こんな感じだった。そしたら、今度は、会社の先輩に聞いてみた。「保険かぃ今、入っていた方がいいと思うよ。なぜなら、いざという時には、絶対助かるから。」と、言って仕事に戻った。いざという時は、いつくるか分からない。そうだよなぃさすが言葉少ない先輩だけど、ありがたかった。よっし、保険に入ろう。
いろいろな保険がある。出来るだけ多くの保険のカタログを集めた。ほとんどが同じ内容だった。死んだら、◎◎万円、入院日額、◎◎円。両親への感謝の気持ちだから、死亡保険金200万の単純な保険にした。父と母と、100万円ずつ。ケンカなしに分けて欲しかった。独立して、初めて保険に入った。これから、安心して、仕事が出来る。

新着おすすめ